国分建設は家づくりの参考になるショールームがある

輸入住宅という選択肢

間取り

最近では輸入住宅が人気で、中でも北欧住宅の北欧の魅力をぎっしり詰め込んだ住宅が注目されています。北欧住宅とはスウェーデン住宅が代表的なものとして挙げられ、洋館を思わせるような外装が特徴のひとつです。スウェーデンは冬の寒さが厳しい地域で、そのため住宅は気密性が高く厳しい寒さの中でも快適に暮らすことができます。またデザインも白い壁や木目をふんだんに生かした床が美しく、月日を追うごとに味のある住宅へと変化していきます。この北欧住宅を日本でも快適に暮らせるような工夫がしてあり、湿度の高い日本において気密性の高さというのはある意味問題でもありますが、最新の換気システムなどが導入され、湿度に悩むことなく快適に過ごせる北欧住宅が主流になっています。

北欧住宅などの輸入住宅を建築する際、知っておきたい注意点というものがいくつかあります。一度住宅を建ててしまうと間取りの変更やリフォーム、また増改築が難しく、建築を考える際には20年・30年後まで考えて建築を進める必要があります。メンテナンスに関しても問題が出てくる可能性があり、ハウスメーカーなどで建てた場合はそのメーカーで行えますが、万が一ハウスメーカーがなくなったりした場合は他の大工さんや施工業者に頼む必要があります。しかし誰でも輸入住宅をメンテナンスできるわけではないので、そのことを頭に入れておく必要があります。また住宅を建築した際の楽しみのひとつでもあるインテリア選びですが、北欧住宅などの場合住宅の雰囲気に合ったインテリアを選ぶことで、その住宅の魅力を最大限に生かすことができます。